保健室・学生相談室の利用

① 保健室の利用

 前向きで豊かな学生生活を送るためには、心身の健康が大切です。
 保健室では、看護師が在駐し、病気になった時や怪我などの応急処置を行っています。
 また、「からだについて困っていること」「気になる症状があるが、どの病院を受診してよいか分からない」など、日常の健康について、気になることがあればいつでもご相談ください。
 体調不良時には、ベッドも利用できます。

利用時間

平日(木曜日を除く)

9:00~15:50 

木曜日

前期 11:10~18:00 
後期  9:40~16:30

 

② 学生相談室の利用

  学生生活を送るにあたっては、さまざまな問題に直面することがあると思います。こうした問題は、信頼できる人に話すことによって道が開けたり、問題解決の糸口が見つかったりするものです。
 いろいろな悩みや困ったことがあったら、一人で思い悩まずに、気軽に学年顧問の教員や事務局員に相談してください。相談の内容などについては、秘密を厳守しますので、安心して相談してください。
 また、大学では、本館1階に学生相談室を設置しており、そこで専門の相談員(臨床心理士)に相談することも出来ます。学業、就職、対人関係、メンタルヘルスなど、相談内容はどんなことでも構いません。

 学生相談室の利用方法等は以下のとおりです。

開室時間

毎週月曜日 12:00~17:00
※祝日などで授業がない日は原則お休みです。
※開室時間は、学内ホームページ等でお知らせします。

予約方法

原則、事前予約が必要です。予約方法は次のとおりです。
・保健室を通じて予約
・予約専用メール(sodan@mpu.ac.jp)での申込み

※メールでの申込みの場合は、時間の調整をお願いする場合があります。
※事前予約をしていない場合でも、対応が可能な場合もありますので、保健室に相談して下さい。

その他

・一人一人に丁寧に対応するため、事前予約制としており、また対面での相談となります。(メールでの相談は出来ません。)
・1回の相談時間の目安は、約45~50分程度です。
・秘密は厳守されますので、安心して相談して下さい。