11 本学の特色

11.1 達成目標と評価

認証評価(平成27年度に受審、大学評価・学位授与機構より適合の判定)

中期目標・中期計画

自己点検・自己評価(平成24・25年度)

自己点検・自己評価(平成26~28年度)

11.2 教育プログラムの特徴

 本学は、ナイチンゲールの看護論及び看護教育論をカリキュラムの理論的基盤に据え、「いつでも、どこでも、どんな人にも、自分の持てる力を差し出せるような看護職者を育成する」を、教育理念として掲げ、看護専門者育成に取組んでいます。
 看護を専門職と位置づけたナイチンゲールが「ナースは人々に三重の関心を注がなければならない」と説いた教えを、看護実践方法論として実習において活用しています。三重の関心とは、人々の健康状態を理性的に把握することと、その状態にある人の感情に人間的な関心を重ねることによって、技術的・実践的な関心が定まり自分の行為を看護にすることができるというものです。実践方法論に導かれつつ看護実践を行ない、その実習体験と省察の繰り返しの中で専門職者としての自覚・責任を学ぶことができるよう、自己評価能力の向上を重視した体系的な実習プログラムを編成しています。
「大学の主体的な学習を促すカリキュラムに関する調査報告書」に紹介された本学の事例

11.3 地域貢献

看護生涯学習活動などを通した地域貢献
『宮崎県立看護大学看護研究・研修センター』

 看護生涯学習に関して調査・研究および教育を行うとともに、ひろく地域との交流促進をはかり、地域社会の発展に寄与することを目的として、本学には、看護研究・研修センター(以下センターとします)を附設しています。センターは、活気と生きがいのある健康な環境づくりをめざして、地域住民の皆さんと大学を結ぶ「かけ橋」としての役割を持っています。大学の教職員によって構成された専門委員会が運営していますが、それぞれの活動は看護大学のすべての教職員と学生が一緒になって取り組んでいます。

以下の事業を進めます。

県民や看護職の生涯学習を支援します

県民連携事業
 県民の保健医療福祉の向上を目的とし、自治体や民間のNPO法人等と連携しながら研究成果を地域住民へ還元する事業を行っています。
・公開講座開催事業(大学の人的資源を活用した健康講座)
・神話のふるさと県民大学開催事業(関係機関と連携しながら 宮崎の神話について学習機会の提供)    
・宮崎における子育て支援推進事業(おもちゃ広場の開催と育児相談)
・要支援・要介護者のための介護予防運動プログラム作成事業(介護予防に効果的な運動プログラムの作成と実践)
                     等
地域看護職等連携事業
 地域の看護専門職の専門性の向上を目指し、地域の医療機関や看護職等と連携しながら研修や看護実践を行い、地域や臨床現場に研究成果を還元する事業を行っています。
・新人から中堅助産師のスキルアップ研修事業(助産師の実践力向上を目指した支援)
・感染管理スキルアップ研修事業(Ⅱ)ーリーダー育成及び感染対策チーム活性化支援への取り組みー(感染管理における看護実践能力向上への支援)
・高齢者施設における感染対策の実践型出前研修(感染対策の充実・強化の支援)
                      等

認定看護師・認定看護管理者教育課程

 本学では、看護職者がより高度な知識・技術を修得し更なる人々の健康と保健・医療・福祉への貢献ができるよう、公益社団法人日本看護協会が資格認定する下記の2つの課程を開講しています。
  *感染管理認定看護師課程(平成26・27・28年度開講、令和元年度に再開)
  *認定看護管理者教育課程(平成29・30年度開講、令和元年から休講)
 令和元年度から再開講する感染管理認定看護師教育課程(定員15名)では、医療関連感染に関する深く高度な専門知識・技術を身につけ、医療の安全と質の向上に寄与できる人材の育成を目指します。

11.4 連携

 看護研修・研究センターを中心に、地域の大学との連携事業にも取り組んでいます。また、教員の専門性を活かし、自治体などの審議会・委員会等へ参画し、政策形成を支援しています。

他大学との連携事業

 高等教育コンソーシアム宮崎に加盟し、授業体験会や、コーディネート科目への講師派遣、学生インターゼミナールへの学生の派遣などを行い、地域の大学との連携事業に取り組んでいます。
 また、平成27年度文部科学省「地(知)の拠点大学による地方 創生事業(COC+)」「大学間連携による地域ニーズをとらえたみやざき産業人材の育成」に参加し、県内7高等教育機関が連携し、県や経済団体等と協働して、地域ニーズを捉えた産業人材を養成するための教育カリキュラムの構築や学生の地元就職を支援する取り組みを行っています。

自治体等との連携事業

 「宮崎県健康づくり推進協議会」や「宮崎市男女参画社会づくり推進審議会」等の委員として参画し、政策形成を支援しています。

その他

官学連携事業

県福祉保健部のシンクタンクとして県の行政課題に大学の人材を活用して調査・研究等をおこなっています。
・看護研究・研修センター事業年報の発行(年1回)
・災害支援協力事業(県内の看護職とともに災害支援への協力)
・地域志向の看護力を備えた訪問看護師養成事業(地域志向看護教育プログラム開発と検証)
                        等