【博士後期課程】概要

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

本研究科では、次のような資質と能力、意欲をもった学生を求めます。

  1. 看護実践上の自己の問いを吟味し、社会的課題として位置づけ追究しようという意志を有する人
  2. 研究課題の構造を見定めて素材を集め、分析する力を身につけている人
  3. 看護学の発展に寄与し、地域社会に貢献しようとする意志を有する人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

本研究科は、地域に根ざした看護を活性化しより良い看護を創出するために、看護学の深まりとひろがりを追究しつつ、人々の健康支援に有用な活動を展開しうる看護専門職者の育成を目指し、以下の方針に基づいて教育課程を編成しています。

博士前期課程において修得した看護学的視点と研究方法論を前提に、学生がもつ看護学上の問題意識を、現段階における看護学の発達段階に照らして焦点化できるよう、領域毎(基礎看護学教育研究領域、応用看護学教育研究領域)に選択科目を配する。また、看護学研究の学的レベルを担保するために、共通科目を配する。特別研究では、指導教員の研究グループに参加しつつ研究体験を積むとともに、自己の研究計画が看護学の深まりとひろがりに貢献できるものであるかどうかを吟味しつつ、複数の教員から指導を受けることができる体制をおく。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

博士後期課程において、研究科の定める期間内で、履修科目(博士後期課程10単位以上)を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、博士後期課程では博士論文の審査及び最終試験に合格した者について、修了の認定がなされます。かつ、以下の能力を身につけていることを学位授与の条件とします。

博士後期課程では、看護専門職者を育成する教育者、自立した研究者としての研究能力を身につけている。すなわち、人々の健康問題の解決に向けて、それぞれの専門領域における新たな課題を自ら見出し、先行研究を探索し実践に密着した研究計画を立ててフィールドを開発し、実証的に研究を進めていく能力を身につけている。

 

教育課程の概要

博士後期課程には、教育課程として基礎看護学教育研究領域と応用看護学教育研究領域があります。

基礎看護学教育研究領域

基礎看護学教育研究領域においては、看護の原基形態の内部構造の究明を前提に、今日の社会的要請に応えるために、既存の知識・技術だけでは解決できない諸問題に対して、基礎看護学に関連した教育研究活動を行い、新たな知識・技術の創出と実証をめざします。その内容として、実践を導く看護理論については、抽象度の高い本質論から、現実の諸問題の構造を見抜くために有用な表象論を明示し、さらにその段階化やシステム化をめざします。また、実践現場で経験的に獲得されているすぐれた技術の科学的な根拠を追究し、汎用可能な技術として開発していくための技術分析方法を教授し、看護基礎教育における看護技術の修得レベルを上げるための看護学教育方法の開発についても取り組みます。また人々の健康を脅かす力に目を向け、看護の立場から感染制御を行う専門的な能力の向上にめざす教育研究を進めていきます。

応用看護学教育研究領域

応用看護学教育研究領域においては、社会情勢の急激な変化に応じて発生している多様な看護ニーズにどのような対応が求められているか、対象特性に応じた個別な看護実践を発展させるための教育研究を行います。その内容として、人間の心に働きかける技術の修得レベルを上げ、精神を病む人の社会的自律へ向けた支援方法の開発、高齢化、過疎化が進む地域にあって、どこでも格差のない看護支援が受けられるネットワークの構築や介護予防プログラム、在宅ケア支援プログラム等の開発、リプロダクティブ・ヘルスと生涯にわたる女性の健康を支援する立場から、地域特性や文化に応じた支援方法の開発、思春期の健全な発達を促す立場からの支援方法の開発、少子化・核家族化のもたらす育児不安や子ども虐待、健康障害によってもたらされる本人・家族の問題への支援プログラムの開発、医療を受ける対象の生活調整にいかにして看護の専門性を発揮するかという観点からの支援方法の開発、老年期を生きている人とその家族らの自己管理・調整能力が引き出され、有意義に生きるための支援方法の開発などに取り組みます。