研究科長挨拶

 平成29年4月、県立看護大学は公立大学法人として新しく歩み出しました。それに伴い大学院教育もさらに大きく飛躍することが期待されています。

 本県においては、県民の様々な健康問題を看護学の視点から分析し、過疎化・高齢化・少子化が進む地域の多様な看護ニーズに主体的・独創的に関わる看護職の育成とそれに伴う教育の推進・研究の開発が求められています。

 本研究科は、地域に根ざした看護の方向性の開発を活性化し、よりよい看護を目指すために、看護学の深まりとひろがりを追及しつつ、人々の健康支援に有用な活動を展開し得る人材を育成します。

 博士前期課程においては、看護学研究の基本的方法について各自の研究テーマを通してプロセスを理解し、その成果を修士論文として公表して、研究者としてスタートします。

 博士後期課程においては、自立した看護学研究者として自分の専門分野に関する研究を展望し、新たな知の創生を目指して研究を推進していく能力を修得することを目指しています。

 看護の世界はまだまだ未知なる課題が山積しています。多くのエビデンスをもって看護が実践できる様に、地域に根差して地道に実践的研究を推進していける様に努力していきたいと思います。

「我が前に道はない、我が後ろに道はできる」との信念を持って、思いきって研究科の門を叩いてください。そこには恩師との出会いがあり、必ずや自分のテーマが明確になり、探求する喜びを味わうことができることでしょう。それが日常の看護を見つめる眼差しを変え、看護の質を高めるエビデンスを生み出すことに繋がると思います。           

             研究科長  齋藤 益子