【博士前期課程】概要

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

本研究科では、次のような資質と能力、意欲をもった学生を求めます。

  1. 看護実践上の問題意識を看護の質的向上につなげる研究能力を修得する意志を有する人
  2. 幅広い基礎学力を有し、かつ、希望する専攻分野の基礎知識を有する人
  3. 看護の専門的知識・実践力・研究能力を自ら発展させる意志を有する人
  4. 自己の看護実践能力が社会的に育まれてきたことを自覚し、社会貢献につなげる意志を有する人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

本研究科は、地域に根ざした看護を活性化しより良い看護を創出するために、看護学の深まりとひろがりを追究しつつ、人々の健康支援に有用な活動を展開し得る看護専門職者の育成を目指し、以下の方針に基づいて教育課程を編成しています。

超高齢社会における保健・医療・福祉分野において、看護職固有の専門性を理論的、実践的に展開していくための実力を高める基礎看護学分野、および看護実践上の諸問題の実態把握や構造分析を通して指導的看護職者としての実力を高める応用看護学分野をおく。専門科目に関連して教育研究の土台を固め視野を広げるための共通科目を配する。特別研究では、フィールドの選定・必要な手続き等を指導教員の指導を受け研究活動に入り、定期的に指導を受け、修士論文を作成する。その過程においては複数の教員から指導を受けることができる体制をおく。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

博士前期課程において、研究科の定める期間内で、履修科目(博士前期課程30単位以上)を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、博士前期課程では修士論文の審査に合格した者について、修了の認定がなされます。かつ、以下の能力を身につけていることを学位授与の条件とします。

博士前期課程では、看護実践・看護教育・看護管理等に係る複雑な看護現象を科学的に分析できる論理能力を修得し、看護職固有の専門性を追究しながら人々の健康支援に有用な活動を展開できる能力を身につけている。

 

教育課程の概要

博士前期課程には、教育課程として基礎看護学分野と応用看護学分野があります。

 

基礎看護学分野

 基礎看護学分野には、看護基礎教育において修得した看護実践能力の科学的な根拠についてさらに追究し、実践基盤を強化するとともに指導的役割を果たせる人材を育成するための授業科目を置く。

 基礎看護学の授業科目には、人々のニーズに応えるケアを提供するための理論的根拠や方法論を深め、看護問題の解決に有用な看護技術を開発できる人材を育成する基礎看護学、看護実践の向上につながる教育・指導方法の能力を育成するための看護学教育方法論、看護職者として他者と自己の安全を守る行動の根拠として、感染制御の観点から知識・技術を深める感染看護学、人と環境との関わりに着目しながら健康を維持増進させるための根拠ある看護実践をめざす健康増進看護学を置く。

 

応用看護学分野

 応用看護学分野には、看護実践の質的向上を図る上で重要な課題について追究する授業科目を置く。まず、健康な人間形成に不可欠な家族を基盤とした、子どもが健やかに生まれ育まれるための看護を追求する育成期看護学、性と生殖に関する様々な健康問題を明らかにし、思春期から更年期までの女性と家族のライフサイクルに沿った看護を追求する性・生殖看護学及び、周産期を中心に子どもを産み育てていく過程における健康問題を追究する助産学、社会的自立を果たした人々が健康上の問題を抱えながらも日常生活をできるだけ自分のもてる力を生かせるような営みにしていくことに焦点をあてて、対象およびその家族らを支援する方法を追究する成熟期看護学、健康社会づくりや、在宅療養支援、精神的援助を必要とする人々への自立支援において、看護職固有の機能を果たすための地域・精神看護学、個人、家族、集団に関する健康問題に対して、健康ニーズの把握からヘルスプロモーションの方法、実施、評価を行う保健看護学を置く。