【博士前期課程】履修基準

課程修了の要件

2年以上在学し、30単位以上を取得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査を受け、最終試験に合格する。必要な単位数は、次の条件にしたがって、下表から履修する。

  • 主専攻とする分野の授業科目...4単位
  • 主専攻とする分野の演習...4単位
  • 主専攻とする分野の特別研究...10単位
  • 専攻分野を問わない自由選択...12単位

博士前期課程で設定された全科目群

  授業科目名 配当年次 単位数
基礎看護学分野 理論看護学特論 1 (2)
理論看護学演習 1 (2)
看護技術学特論 1 (2)
看護技術学演習 1 (2)
看護学教育方法論特論 1 (2)
看護学教育方法論演習 1 (2)
感染看護学特論 1 (2)
感染看護学演習1 1 (2)
感染看護学演習2 1 (2)
基礎看護学特別研究 2 (10)
  授業科目名 配当年次 単位数
応用看護学分野 精神自律支援論特論 1 (2)
精神自律支援論演習 1 (2)
地域看護学特論 1 (2)
地域看護学演習 I 1 (2)
地域看護学演習 II 1 (2)
女性の健康支援論特論 1 (2)
女性の健康支援論演習 1 (2)
生命の連続性支援論特論 1 (2)
生命の連続性支援論演習 1 (2)
育児期ケア論特論 1 (2)
育児期ケア論演習 1 (2)
治療期看護論特論 1 (2)
治療期看護論演習 1 (2)
老年看護学特論 1 (2)
老年看護学演習 1 (2)
応用看護学特別研究 2 (10)
  授業科目名 配当年次 単位数
共通科目 看護学研究方法論 1 (2)
看護管理 1 (2)
看護倫理 1 (2)
疫学・保健統計学特論 1 (2)
健康行動科学特論 1 (2)
栄養科学特論 1 (2)
自然科学史 1 (2)
自然科学特論 1 (2)
生命科学特論 1 (2)
応用統計学・情報学特論 1 (2)
生活環境特論 1 (2)
宇宙地球科学特論 1 (2)
健康運動学特論 1 (2)
学問論特論 1 (2)
英語特別演習 1 (2)
文化と人間 1 (2)
表現と受容 1 (2)