就職・キャリア支援

本学は生命の尊厳を基盤として豊かな人間性を育成し、かつ深く高度な専門的知識・技術を修得させることにより、看護の果たすべき役割を追求し、社会の幅広い分野において、人々の健康と福祉の向上に貢献できる人材を育成しています。このような教育理念・目的に基づき、学び、成長した学生が、県内を中心に活躍できるよう、(8名の委員で構成されている)就職対策委員会は、情報提供を含むキャリア・就職活動支援を行っています。また就職情報・相談室を設置し、経験豊富な看護職者である就職相談員が常駐し、学生一人一人の相談に応じています。

在学中のキャリア・就職活動支援

在学中のキャリア・就職活動支援 表

□1年次

 卒業生の看護実践を知る会(5月):卒業後働く自分自身の姿を描きながら、目標に向かって一歩、一歩進めるように、本学の卒業生(看護師・保健師・助産師)の看護実践を聞きます。      

 フィールド体験実習Ⅰ(7月):子どもからお年寄りまで、発達段階が様々な方々の施設に伺い、自分ではない他者に関心を寄せる実習を行い、早期からキャリア形成に繋がる科目を準備しています。

□2年次

 臨時実習Ⅰ(2月~3月):初めて患者を受け持ち看護を実践し、自分の将来の看護師像をより深めていきます。

□3年次

   卒業生との就職懇談会(7月):本学を卒業し県内に就職した卒業生と、本学の学生が就職について自由に意見交換を行い、就業の実態を知ることを通して、就業への意識を高めていきます。

 就職ガイダンス(12月):今後の就職活動の概要の説明と卒業生の体験談を聞き、就職への意識を高めると共に、就職活動を円滑に進めていけるように支援を行います。

 県内医療機関合同説明会(3月):就職先を選択するにあたり、県内の医療機関(35施設以上)の担当者から各施設の情報を提供していただき、卒業後に自分の希望・能力・特性を十分に発揮できるような就職先を考える機会を設けています。卒業する4年次生から国家試験や就職活動に関してのアドバイスをもらう機会も設けています。

□4年次

 就職ガイダンス(4月):就職・進路決定に向けて、及び国家試験について説明します。就職情報・相談室に職員が配置され、進路相談について、気軽に相談できる体制を整えていることを紹介しています。

 エントリーシート(履歴書作成)の説明(4月):履歴書作成に必要な内容について説明します。

 卒業生の看護実践を知る会(5月):4年生は、この会の終了後に発表した卒業生との懇談会を行い、具体的な就職の実態について意見交換を行います。

 県立病院ナースガイダンス&バスツアー(5月):県立病院3か所の看護や雰囲気について広く知ってもらうために、バスで現地に向かい、県立病院の概要と教育体制について聞き、施設見学や看護師との意見交換を行います。

 進路動向調査(5月):希望職種や進学などを調査し、希望に応じて就職相談ができるようにしています。

 卒業生との就職懇談会(7月):同上

 就職活動における模擬面接(7月):模擬面接員と面談を行い、終了後に面接員から改善点などアドバイスを受け、実際の面接に備えます。

 国家試験受験に向けたガイダンス(11月・12月・2月):国家試験の出願手続き説明会の開催を行い、12月には願書を提出し、2月には受験票を配布します。国家試験に関する情報提供や今後の対策について支援を行います。

 看護協会のキャリア支援(11月):看護協会からのサポート体制について情報提供します。

 

【就職情報・相談室について】

 就職情報・相談室では、在学生のための、キャリア支援を行っています。教育研究棟3階ロビーに設置し、大学に届いた全国の求人情報や病院などのパンフレット、大学院・別科等の募集要項のほか、各種情報誌、国家試験問題集等の資料を整備しています。パソコンも設置していますので、就職情報等の収集にも利用できます。授業の合間でも気軽に足を運べます。

 就職情報・相談室には、過去の就職試験・面接試験等の内容が記載された「就職試験受験結果報告書」が保存してあり自由に閲覧できます。歴代の先輩たちが残してくれた後輩へのメッセージは、就職活動の貴重な資料として広く活用されています。

 学生からの相談に応じる就職相談員が常駐し、就職・進路に関して情報提供や個別相談をお受けしています。職種や条件、勤務地などの就職情報提供や応募書類の書き方、面接の受け方などの相談について個々の学生に応じたきめ細やかなサポートをしています。学部の就職対策委員会の教職員と共に、学生1人ひとりが自身の能力を生かして希望する領域の看護専門職として活躍できるように支援しています。

 さらに、県外に就業した卒業生で「やはり、ふるさと宮崎県がいいな。Uターンしようかな」といった希望や結婚・出産などで退職した後に「育児も一段落したし、そろそろ看護職として働いてみようかな」など県内で再就職を考えている方へもお役に立ちたいと思っています。どうぞ気軽にご利用ください。  

就職情報・相談室対応時間  9時30分~16時まで(月~金)

電話番号          0985-59-7833

メール  ssoudan@mpu.ac.jp

 

就職・キャリア支援からのお知らせ

RSS Feed過去の情報