宮崎県立看護大学 キャッチフレーズが決定しました

宮崎県立看護大学開学20周年を記念して、地域とともにさらなる発展を目指したキャッチフレーズを募集し、厳正な審査の結果、キャッチフレーズを決定いたしました。多数ご応募いただきありがとうございました。

 

まもりたい笑顔がある 郷土がある  宮崎県立看護大学

 

【作者の趣旨】

学生や医療関係者が本学での学びをへて、住民の健康の維持・向上、地域における保健医療水準の向上に寄与する姿を表現しています。

 

選考基準①本学の基本理念や目指す大学像の趣旨を踏まえつつ、あらたな前進を希求するもの、今後の進むべき方向を示すもの、本学の基本理念等を再認識するもの、の3つのいずれかあるいは複数を包含するイメージであること
選考基準②親しみやすく好感の持てる作品であるか
以上を基に協議しました。

その結果、言葉の響きがよい、20周年記念事業コンセプトとも一致しており、「まもり」をひらがな表記にすることにより、住民の健康を「守る」、看護の「護る」など様々な意味合いになり、本学のキャッチフレーズとして決定いたしました。

 

決定いたしましたキャッチフレーズは、ホームページ・パンフレット等、本学発行の資料や刊行物等に広く活用させていただきます。  多数のご応募をいただき誠にありがとうございました。