知事との本県の未来を語り合う ランチミーティング開催

 本学3年生と河野知事が交流を行いました。この交流会は、臨地実習Ⅱが3ヶ月経過した時点で、各学生が感じた宮崎の医療について、知事と情報交換を行い、宮崎県の医療について考える機会とすることをねらいとして、開催されました。また、知事から宮崎県についての話を聞くことで、宮崎県のよさや魅力を知り、今後の進路選択について考える機会として役立ててもらうことを目的としています。3年生10名程度を1グループとして、そこに卒業生、教員が各1名加わり、知事が各テーブルを回る形で、交流を行いました。

 交流会では、3年生からは実習の話、卒業生からは実際の医療現場での話が進み、和やかな雰囲気で交流会が進みました。

 3年生の感想では「知事が広島出身だけど宮崎の良さを感じている所に凄く感動した。県外にばかり目が向いていたけど、少しずつ県内についても考えるきっかけになった。」や「知事のお話で宮崎の良さについて知り、宮崎の生活を大切にしたいと思った。」等の感想が寄せられました。