ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

   教育目標に対応させて、助産師をめざす修了生として修了時にみつけていることを望む姿として以下に示します。

  1. 正常な妊産褥婦・新生児の診断とケア、異常時に的確に対応できる専門的判断力と実践できる能力を身につけている。
  2. 女性の一生を通じて、継続した支援ができるための高度な専門的知識と技術を修得し実践できる能力を身につけている。
  3. 地域母子保健向上のために、母子と家族の生活を基盤にした健康保持増進への支援ができる能力を身につけている。
  4. 母子の保健・医療・福祉関連領域の人々と連携・調整し協働できる能力を身につけている。
  5. 助産師としての倫理観を基盤として、対象を理解することができる豊かな感性と対人関係を形成できる能力を身につけている。
  6. 助産師として常に自己研鎮し、助産学の発展に寄与できる能力を身につけている。