専門科目群

「基礎看護学」では看護の理論と基本技術について学習します。「精神看護学」では、生活者の社会的自立にむけた精神の整え方の理論と方法を学習します。「公衆衛生看護学」では、地域で暮らす人々の健康生活を支える看護を学習します。「在宅看護学」では、地域で療養する人々への看護を学習します。「母性看護学」「小児看護学」「成人看護学」「老年看護学」では、生活者のライフサイクルに対応して、それぞれの対象特性に応じた理論と方法を学習します。体験・統合科目では、体験学習や看護実習などの体験科目や、看護研究、卒業研究などの体験を統合して評価・発展させるための科目を学びます。

基礎看護学  看護の基盤となる看護理論と基本技術について学びます。

精神看護学 生活者の社会的自立にむけた認識の整え方の理論と方法を学びます。

公衆衛生看護学 個人・家族・集団・地域の健康の保持増進と疾病の予防、生活の質の向上を目指すための理論と方法を学びます。

在宅看護学 在宅で療養する方や生活のしづらさを抱える方、その家族への看護を学びます。

母性看護学 次世代が健康に生まれ育つための看護について学びます。

小児看護学 子どもが健やかに育まれるための看護について学びます。

成人看護学 成人期の対象の特性と看護について学びます。

老年看護学 老年期の健康課題を理解し、対象の特性に応じた看護実践について学習します。

体験・統合科目 感染看護学、災害看護学、死生看護学など、専門看護について学びます。