大学からのお知らせ

学外の方の附属図書館利用について

以下の事項について遵守できる方はご利用いただけます。(小学生は保護者同伴が必要)

入館に際しての遵守事項

1)入館前に健康観察をし、結果を入館時に記入する。
以下の1~4に該当される方は入館をお断りさせていただきます。
  1. 来館前に体温の確認を行い、発熱(37.5℃以上)がある場合
  2. 風邪症状のほか、息苦しさ、倦怠感、味覚・嗅覚異状などの症状がある場合
  3. 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合
  4. 過去 14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等 へ滞在(経由含む)した場合並びに当該地域等の在住者との濃厚接触がある場合
2) 入館の際は不織布マスクを着用し、検温結果・連絡先の記入をする。
入館する前に必ず手指の消毒を行い、不織布マスクを着用してください。入館時、利用簿に健康観察結果、検温結果、連絡先をご記入ください。館内では3密(密閉・密集・密接)状態を回避してください。(ソーシャルディスタンスの確保)

館内利用

閲覧

図書・雑誌は自由に閲覧できます。閲覧後は、必ず元の場所に戻してください。

館内貸出

VTR、CD、LDなどの視聴覚資料はカウンターで貸出を受け、御利用ください。

情報検索

情報検索用パソコン3台を使って、蔵書検索や文献検索ができます。

蔵書検索 本館の蔵書を検索することができます。
文献検索

インターネットにより、看護・医学系データベースにアクセスし、文献を検索することができます。

利用可能なデータベース

  • 医学中央雑誌(Web版)
  • メディカルオンライン
  • MEDLINE
  • CINAHL
  • 最新看護索引Web

レファレンスサービス

蔵書検索を行っても目的の図書が見つからない、利用方法がわからないなどといった場合には、カウンターまでご相談ください。

館外利用

館外貸出

県内在住の方であれば、「利用者カード」により、図書の貸出を受けることができます。

※1回の貸出につき、1回だけ返却期限を延長することができます。
(予約が入っている場合は、この限りではありません。)
※禁帯出図書、雑誌、視聴覚資料(VTRなど)は館外への貸出はできません。また、教員の研究図書、本学学生のための指定図書など、一部図書についても貸出ができません。

「利用者カード」について

  • 窓口での申請により発行します。申請の際には、氏名及び現住所を確認できる書類(免許証など)が必要です。
  • 申請は、開館日の開館時間内に受け付けています。
  • 3年ごとに更新の手続きが必要です。
  • 発行後、氏名・住所等に変更があった場合には、必ずお知らせください。
貸出冊数:5冊まで / 貸出期間:2週間以内

返却

原則としてカウンターに返却してください。
※期限までに返却されないと貸出停止になることがあります。必ず期限までに返却してください。
※返却していない図書が1冊でもあれば、貸出冊数の範囲内であっても新たな貸出はできません。
※返却の際は、本館の蔵書であることを御確認ください。
※開館時間外に返却される場合は、教育研究棟入口に設置した返却ボックスを御利用ください。

図書館利用にあたっては、マナーを守り、皆さんが気持ちよく利用できるように御協力ください。

  • 図書等は丁寧に扱い、汚損したり、紛失したりしないよう御注意ください。汚損が著しい場合や紛失の場合、原則として同一の図書を弁償していただくことになります。
  • 静粛を保ち、携帯電話等の使用は御遠慮ください。
  • 原則として館内飲食は禁止ですが、密閉できる蓋付きの容器に入った飲み物に限り持ち込みは可能です。
  • 他の利用者に迷惑を与えるような行為があった場合、図書館員の指示に従っていただくことがあります。