教員紹介

教員プロフィール

毛利 聖子
もうり きよこ

学部講義担当 

m-kiyoko

メッセージ

より良い看護をめざして,学び続けていきたいと思っています。

研究シーズデータを閲覧する

領域・職名
Field・Title
基礎看護学(講師)
学位
Degree
博士(看護学)宮崎県立看護大学
担当科目
Courses
看護学原論II,看護学原論演習,臨地実習I,看護と倫理,人権論
研究テーマ
Research Theme
(1)看護理論の修得過程
(2)医療や看護の歴史と倫理
(3)人権
学外活動
Off-campus Activity
看護科学研究学会宮崎研修会での事例検討会
病院での事例検討会
学内委員会
Committees
情報委員会,広報委員会,就職対策委員会
オフィスアワー
Office Hours
前期 / 曜日 :金曜日  時間 :5限目
後期 / 曜日 :金曜日  時間 :5限目
業績
Research
<教育>
基礎看護学領域に所属。主に1・2年次の看護方法の演習や看護学原論のグループ担当,臨地実習Iを担当する。講義では「看護学原論II」「看護学原論演習」「看護と倫理」「人権論」の授業科目を担当している。
<研究>
著書:『看護理論の修得過程における共通構造の可視化』
(2008年5月,看護科学研究学会 発行)
原著:「子宮がん長期生存者の回復のプロセスにおける特徴の検討~対象者への個別面接調査を通して~」
(2001年 ホリスティック医学研究)
原著:「看護力再開発講習会における技術演習コース開催の成果とその意義~受講生のアンケート調査より~」
(看護研究・研修センター事業年報 平成26年度)
研究報告:「看護学生が学ぶ「人権論」の授業への試み」
(2014年6月 ナイチンゲール研究第12号)
短報:「看護学生の「医の歴史と倫理」の授業からの学び」
(2016年3月 日本看護倫理学会誌8巻N01
<学会発表>
・看護を学びあう思考のプロセスを明らかにする研究
(2002年8月 看護科学研究学会)
・研究することによって実践能力を高めるには?
ー<研究すること>と<実践すること>のつながりー
(2009年10月 看護科学研究学会)
・看護学生が学ぶ「人権論」の授業への試み
(2010年10月,ナイチンゲール研究懇談会)