教員紹介

教員プロフィール

川村 道子
かわむら みちこ

学部講義担当 

kawamura

メッセージ

研究シーズデータを閲覧する

領域・職名
Field・Title
精神看護学(准教授)
学位
Degree
修士(人間科学)日本大学
担当科目
Courses
疾病論・治療論II
臨地実習II(精神領域)
臨地実習III(精神領域)
精神看護方法
精神看護論演習
研究テーマ
Research Theme
(1)精神科病棟における多職種との連携
(2)精神看護実習指導に関する研究
(3)統合失調症患者に対する音楽の効用
(4)精神障がい者の地域生活移行に関する研究
(5)看護師の為のメンタルヘルスセルフマネジメント力向上に関する研究
学外活動
Off-campus Activity
宮崎県プライマリケア研究会学術広報委員
日本精神科看護技術協会宮崎県支部研修会講師
放送大学非常勤講師
学内委員会
Committees
就職対策委員会, 教務委員会, 研究紀要委員会
オフィスアワー
Office Hours
前期 / 曜日 :月曜日  時間 :2限目
後期 / 曜日 :指定なし  時間 :指定なし
業績
Research
・幻覚・妄想にもとづいた身体異常感を呈する患者へのかかわりにおける看護者の認識の構造および看護実践上の指針(宮崎県立看護大学紀要Vol.3,No.2,2003)
・健康な生活を送るための「音楽」活用の提言1(綜合看護,第38巻,第3号,2003)
・健康な生活を送るための「音楽」活用の提言3(綜合看護,第39巻,第1号,2004)
・健康な生活を送るための「音楽」活用の提言4(綜合看護,第39巻,第2号,2004)
・看護学生のメンタルヘルスに関する研究(社会精神医学会雑誌 第13巻,第3号,2005)
・精神看護学実習における学生の認識の発展を促す指導に関する研究(宮崎県立看護大学研究紀要,第7巻,第1号,2007)
・患者の社会的自立を促すために必要な看護の視点(精神保健,第54号,2009)
・統合失調症患者を受け持った学生への指導過程の分析-学生の看護を見つめるための視点-(看護教育,49巻,5号,2008)
・患者の社会的自立を促すために必要な看護の視点 精神看護実習での学生の気づきから(精神保健,54号,2009)
・宮崎県内2地区における精神障がい者理解促進研修会の成果 精神障がい者の理解促進のための要因(宮崎県立看護大学看護研究・研修センター事業年報2号,2013)
・看護研究サポートプログラムを受けた看護師の認識の変化(日本精神科看護学術集会誌57巻2号,2014)
・A県支部看護研究サポートプログラムの評価量的変化の側面から(日本精神科看護学術集会誌57(2),73-77,2015)
・病棟-デイケア連動型実習プログラムによる学生の学びの分析( 日本精神科看護学術集会誌 58(2)201-205,2015)
・精神の病からの回復に「音楽」はどのように貢献できるのか~音楽活動を契機に回復過程を辿った2事例の質的分析から~(日本音楽療法学会誌Vol.15/No.1,116-125,2015.4)
・看護基礎教育における臨地実習指導能力向上のためのFD活動~実習指導過程検討会におけるFD活性化チームメンバーの事例の見つめ方の特徴~
(宮崎県立看護大学紀要15(1), 24-40,2015)
・精神障がい者理解促進のための研修会プログラム作成に向けて-障害者就労継続支援(B型)事業所スタッフとの継続学習会を通して-(宮崎県立看護大学看護研究・研修センター事業年報平成25年度版43-52)
・精神障がい者理解促進のための研修会プログラム作成に向けて-その2- ~県南地区での研修会参加者の学びの分析より~(宮崎県立看護大学看護研究・研修センター事業年報平成26年度版,37-46)
・精神障がい者理解促進のための研修会プログラム作成に向けて₋その3‐~ボランティア団体への研修会評価より~(宮崎県立看護大学看護研究・研修センター事業年報平成27年度版,11-20)
・看護師のメンタルヘルスセルフマネジメント力育成に関する研究
-その1-(宮崎県立看護大学看護研究・研修センター事業年報平成28年度版,3-10)