教員紹介

教員プロフィール

久野 暢子
ひさの のぶこ

学部講義担当  修士課程担当  博士課程担当 

nhisano

メッセージ

医療現場では多職種との協働が求められます。それぞれの専門性を活かして協働することでより良い医療が提供できると思います。自立した看護職者を目指して,一緒に頑張りませんか。

研究シーズデータを閲覧する

領域・職名
Field・Title
成人看護学(教授)
学位
Degree
博士(看護学)広島大学大学院
担当科目
Courses
<学部>
成人看護学概論,成人看護方法I・II,成人看護論演習,看護研究II
<大学院前期課程>
成人看護学特論,成人看護学演習,応用看護学特別研究(成人看護学)
研究テーマ
Research Theme
・HIV陽性者への看護支援に関する研究
・看護技術の教育方法に関する研究
学内委員会
Committees
研究科教務・入試委員会,教務委員会,研究推進委員会,研究倫理委員会,IR専門部会
オフィスアワー
Office Hours
前期 / 曜日 :金曜日  時間 :指定なし
後期 / 曜日 :金曜日  時間 :指定なし
業績
Research
<研究業績>
1)加瀬田暢子,山田美幸,岩本テルヨ.(2004).特別養護老人ホームで働く看護職にとっての生涯学習-ターミナルケアに関する看護職の学習ニーズを中心に.宮崎大学生涯学習教育研究センター紀要9,99-107.
2)加瀬田暢子,山田美幸,岩本テルヨ.(2005).特別養護老人ホームでのターミナルケアに携わる看護職者の悩み-全国調査における自由記述の分析.南九州看護研究誌,3(1),11-21.
3)山田美幸,加瀬田暢子,岩本テルヨ.(2005).特別養護老人ホームのターミナルケアにおける看護職者の課題―特別養護老人ホームの全国調査から―.南九州看護研究誌,3(1),23-31.
4)加瀬田暢子,山田美幸,岩本テルヨ.(2006).特別養護老人ホームにおける介護職者と医師の看護職に対する期待.南九州看護研究誌,4(1),23-28.
5)加瀬田暢子,前田ひとみ,山田美幸,大川百合子,長友みゆき,津田紀子.(2007).新入看護学生に対する「仲間づくり演習」の評価-エンカウンターとリフレクションの概念を取り入れて-.南九州看護研究誌,5(1),1-10.
6)長友みゆき,加瀬田暢子.(2007).手術中に待機している家族の行動と心理的ゆとりに関する研究.南九州看護研究誌,5(1),37-44.
7)前田ひとみ,山田美幸,津田紀子,加瀬田暢子,久保江里,澤田道子,幸史子,山本治美,右田香魚子,工藤祝子,高村寿子.(2007).新卒看護職者を対象にしたエンパワーメントプログラムの検討―“仲間”をキーワードにした入職時研修の試み.日本看護学会論文集(看護管理),37,285-287.
8)前田ひとみ,加瀬田暢子,福田真弓.(2007).針刺し・切創と労働安全管理-HCV汚染の針刺し経験者の面接調査から-.日本看護学会論文集(看護総合),38,193-195.
9)加瀬田暢子,前田ひとみ.(2008).訪問看護ステーションにおけるHIV陽性者の受け入れに関連する要因の分析-受け入れ経験の有無による比較-.南九州看護研究誌,6(1),1-9.
10)大川百合子,前田ひとみ,山田美幸,加瀬田暢子,長友みゆき,津田紀子.(2008).実習の動機付けを高める演習の検討-基礎看護学実習II直前演習の試み-.南九州看護研究誌,6(1),39-45.
11)加瀬田暢子,前田ひとみ.(2008).HIV陽性者への訪問看護に関する実態調査-受け入れ経験のある訪問看護ステーションの調査から-.日本看護学会論文集(地域看護),38,3-5.
12)岩本テルヨ,山田美幸,加瀬田暢子.(2009).特別養護老人ホーム在所者の最期の場の決定に関わる現状と課題-全国調査を通して-.山口県立大学学術情報,2,8-14.
13)加瀬田暢子,島田恵,前田ひとみ.(2010).HIV陽性者の在宅療養支援に関する実態調査-全国のエイズ拠点病院における平成19~20年の状況-.日本看護研究学会雑誌,33(4),97-106.
14)河野祐美,加瀬田暢子.(2012).女子看護学生のHIV/AIDSの認識に関する研究-HIV/AIDS教育の観点から-.日本看護学会論文集(看護総合)
,42,350-353.
15)加瀬田暢子,藤澤怜子.(2012).放射線皮膚障害に対する安全な冷罨法の患者指導とその効果-乳房温存手術後の放射線治療で皮膚障害を生じた1ケースの分析-.日本看護学会論文集(成人看護II),42,95-198.
16)加瀬田暢子,島田恵,前田ひとみ,宮腰由紀子.(2013).HIV陽性者への在宅療養支援未経験の訪問看護師におけるHIVケアに関する認識.日本在宅医学会雑誌,15(2),15-20.
17)網木政江,久野暢子,藤澤玲子.(2017).基礎看護技術教育での学生の学びの深まりを促す教育的介入策を探る―振り返り用紙の分析―.山口医学,66(2),113-122.
18)久野暢子,網木政江,藤澤玲子.(2017).基礎看護技術教育での学生の学びの深まりを促す教育的介入策の検討―ポートフォリオの導入―.山口医学,66(3),153-161.
19)久野暢子,長鶴美佐子,川村道子,勝野絵梨奈,栗原保子.(2020).「卒業研究ルーブリック評価」作成の試み.宮崎県立看護大学紀要,20(1),印刷中.
20)山岡深雪,久野暢子,矢野朋実,大脇裕子,上富史子,日高真美子.(2020).―臨地実習中に学生が危険を回避できるための指導内容の検討―.宮崎県立看護大学紀要,20(1),印刷中.
21)大脇裕子,久野暢子.(2020).看護師のエンド・オブ・ライフケア現任教育に関する文献検討.第50回日本看護学会論文集(看護管理)(印刷中)