教員紹介

教員プロフィール

島内 千恵子
しまうち ちえこ

学部講義担当  修士課程担当  博士課程担当 

shima

メッセージ

感染を起こす微生物は,通常目に見えないため,軽視されたり,逆に過剰に恐れられたりしがちですが,細菌を培養して目に見える形にして,感染対策の基礎となるデータを出していきたいと思っています。

研究シーズデータを閲覧する

領域・職名
Field・Title
看護人間学I(教授)
学位
Degree
修士(看護学)北里大学
担当科目
Courses
人間病態学 II‐1(感染と免疫 総論),人間病態学 II‐2(感染と免疫 各論),人間病態学III,人間常態学・病態学実習,感染看護学特論,感染看護学演習,基礎看護学特別研究(感染看護学),看護倫理,感染看護学特講,基礎看護学特別研究(感染看護学)
研究テーマ
Research Theme
(1)MRSAの疫学
(2)黄色ブドウ球菌の保菌(鼻腔・手指)
(3)手指衛生・手荒れ
(4)感染看護の基礎教育の検討
学外活動
Off-campus Activity
日本環境感染学会会員
日本看護科学学会会員
日本化学療法学会会員
日本感染症学会会員
日本細菌学会会員
日本看護研究学会会員
日本感染看護学会評議員
日本看護技術学会会員
日本旅行医学会会員
ブドウ球菌研究会会員
学内委員会
Committees
図書館運営委員会(副委員長),研究科教務・入試委員会,国際交流委員会,学生委員会,人事委員会,研究不正防止委員会,衛生委員会,感染症対策専門部会(部会長),地域推薦入学生支援専門部会,専門基礎部会,研究教育審議会
オフィスアワー
Office Hours
前期 / 曜日 :金曜日  時間 :5限目
後期 / 曜日 :木曜日  時間 :5限目
業績
Research
【著書】
・スタンダード微生物学―保健微生物学・感染症学 第2版(共著)文光堂 2008
・スタンダード微生物学―保健微生物学・感染症学―(共著)文光堂 2005
・治療薬ガイド'99〜2000 (共著) 文光堂 1999
・治療薬ガイド'98 (共著) 文光堂 1998
・治療薬ガイド'97 (共著) 文光堂 1997
・治療薬ガイド'96 (共著) 文光堂 1996
・MRSA-病院感染を克服するために(共著) 真興交易医書出版部1996
・抗生物質適正使用ハンドブッック(共著)薬業時報社1997
【論文】
・田尻明彦,島内千恵子,片平雄之,後藤恭宏,重田真里,川口真紀子,立山直, 小椋義俊,林哲也:1産科医院での出産者とその家族を中心に発生した市中型MRSAによる集団感染事例, 日本皮膚科学会雑誌, 128(3), 413-424,2018
・島内千恵子, 重田真里, 毛利千祥他:日本全国の医療施設から分離されたMRSAの分子疫学的検討-施設や地域を越えた同一菌の広がりはあったのか, 宮崎県立看護大学研究紀要, 9(1), 12-26, 2009
・島内千恵子, 兼子謙一, 佐藤義則他:Pseudomonas aeruginosaに対するカルバペネム系抗菌薬間の抗菌作用の比較, 日本化学療法学会雑誌, 53(12), 732-740, 2005
・古畑誠之, 岡本了一, 久我明男, 島内千恵子, 馬場志郎:MRSAをはじめとする黄色ブドウ球菌におけるバクテリオファージと殺菌効果の関係, 北里医学,  32(1), 44-54, 2002
・島内千恵子, 保坂美生, 中野百実子他:各種抗菌薬に耐性化した臨床分離株に対するprulifloxacinの抗菌力, 日本化学療法学会雑誌, 50(2), 126-134, 2002
・Identification of Aminoglycoside-Modifying Enzymes by Susceptibility Testing : Epidemiology of Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus in Japan (共著), Journal of Clinical Microbiology, 39(9), 3115-3121, 2001
・井上松久, 島内千恵子, 入野田一彦他:日本におけるMRSAの細菌学的性状について, バイオメディカル, 10,71-81, 2000
・邊木園幸, 島内千恵子, 渡辺よ子他:医療従事者の手指および治療環境の調査に基づく重症熱傷患者のMRSA感染対策の検討, 宮崎県立看護大学研究紀要, 1(2), 52-60, 2000
・若松由佳子, 川原瑞代, 渡辺久美, 島内千恵子他:哺乳びんの消毒方法と母親の認識, 宮崎県立看護大学研究紀要, 1(2), 92-97, 2000
・Epidemiologic Typing of Methicillin Resistant Staphylococcus aureus in Neonate Intensive Care Units Using Pulsed-Field Gel Electrophoresis. (共著) Microbiology and Immunology, 42(11)723-729,1998
・Why Do Antimicrobial Agents Become Ineffectual? (共著), Yonsei Medical Journal, 39(6) , 502-513, 1998
・Yersinia enterocolitica Serotype O:8 Septicemia in an Otherwise Healthy Adult: Analysis of Chromosome DNA Pattern by Pulsed-Field Gel Electrophoresis(共著),  J.Clin.Microbiol. 35(12), 3346~3347, 1997
・Detection of tet(K) and tet(M) in Staphylococcus aureus of Asian Countries by the Polymerase Chain Reaction(共著),J.Antibiot., 49(11), 1127~1132, 1996
・長曽部紀子, 野々山勝人, 島内千恵子, 井上松久:細菌学的立場からみたFK037の抗菌力について, CHEMOTHERAPY, Vol.42,SUPPL.3, 13-22,1994
・井田孝志, 野々山勝人, 長曽部紀子, 島内千恵子他:近年分離されたMRSAに関する全国的疫学調査, Jpn.J.Antibiot. 47(6), 585~594, 1994
・野々山勝人, 井田孝志, 長曽部紀子, 島内千恵子他:パルスフィールド電気泳動による Arbekacin耐性MRSAの疫学的検討,  Jpn.J.Antibiot. 47(6), 627-633, 1994
【学会発表等】
・片平雄之,後藤恭宏,島内千恵子,吉村大,伊藤武彦,小椋義俊,林哲也:CA-MRSAによる特異な皮膚感染症アウトブレイクの全ゲノム解析,第91回日本細菌学総会https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsb/73/1/73_50/_pdf/-char/ja,2018
・島内千恵子:手洗いと速乾性擦式手指消毒薬を併用する際の注意点に関する検討,日本環境感染学会誌,29巻Suppl.264,2014
・島内千恵子:病院職員の手指衛生と黄色ブドウ球菌検出に関する検討, 日本感染看護学会誌,8(1), 40-44, 2012
・島内千恵子:黄色ブドウ球菌の疫学的検討, 第1回北里感染症教育フォーラム,2010
・勝野絵梨奈, 島内千恵子他:看護大学における麻疹等の感染対策について, 第20回宮崎県地域健康推進研究会, 2009
・田多良佳代, 安藤政子, 島内千恵子:感染看護に関わる教育の問題について,第7回日本感染看護学会学術集会講演集,62-63,2007
・田尻明彦, 島内千恵子, 林哲也:せつ,せつ腫症,癰を生じたMRSAの検討, 西日本皮膚科, 68(5), 592, 2006
・川口真紀子, 島内千恵子:手洗い・消毒前後の手指からの黄色ブドウ球菌検出状況 鼻腔内保菌・手荒れとの関連について, 日本看護研究学会雑誌, 29(3), 321, 2006
・川口真紀子, 島内千恵子他:速乾性手指消毒剤使用による皮膚状態と手指細菌数の変化, 環境感染, 20巻Suppl. Page215, 2005
・西森千恵, 川口真紀子,島内千恵子他:黄色ブドウ球菌の手洗い前後の手指からの検出状況と鼻腔内保菌・手荒れとの関係についての検討, 環境感染, 19(1),139, 2004
・島内千恵子:看護ケアと感染予防 看護基礎教育と感染予防, 日本感染看護学会誌,2(1), 23-25, 2003
・島内千恵子他:宮崎市とその周辺地区におけるMRSAの細菌学的ならびに分子疫学的検討, 感染症学雑誌, 75(5), 435, 2001
・島内千恵子,毛利千祥:中堅看護職者に役立つ感染看護の研修について, 第1回日本感染看護学会学術集会講演集, 30-31, 2001
・島内千恵子:MRSAの疫学, 日本防菌防ばい学会第25回年次大会要旨集, 121-122 ,1998
・島内千恵子他:黄色ブドウ球菌の鼻腔内保有状況の検討, 環境感染, 13(1), 68,1998
・島内千恵子他:ギンテックの抗菌力の検討,環境感染,12 (1) , 64-65, 1997
・島内千恵子他:小児病棟から分離されたMRSAの分子疫学的検討,環境感染,12 (1) , 45, 1997
・島内千恵子他:ファージの溶原化に伴うS.aureusのパルスフィールド電気泳動(PFGE)型の変化について, 日本細菌学雑誌,51(1) ,185,1996
・島内千恵子他:最近海外で分離されたMRSAの細菌学的動向, 日本化学療法学会雑誌, 43 (10),1005-1006,1995
・島内千恵子他:耳鼻咽喉科病棟におけるMRSAの鼻腔内保有状況の検討, 臨床と微生物22 (3), 335-336, 1995
・島内千恵子他:NICUと耳鼻咽喉科病棟におけるMRSAの鼻腔内保有状況の検討,
第23回薬剤耐性菌シンポジウム講演記録Page20-21,1994
・島内千恵子他:鼻腔内MRSA検査株数に関する検討,臨床と微生物, 21(3), 325,1994
・島内千恵子他:布タオルと紙タオルの付着菌の検討, 環境感染6(1), 121, 1991