公的研究費・研究活動の不正防止への取組について

宮崎県立看護大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)を踏まえ、公的研究費の不正使用及び研究活動上の不正行為を防止する取組を行っています。

1.公的研究費の不正使用防止対策に関する基本方針

公的研究費について、不正使用を防止し、適正な運営・管理を行うために必要な事項を定めた基本方針を策定しています。

2.公的研究費の不正使用防止計画

「宮崎県立看護大学における公的研究費の不正使用防止対策に関する基本方針」第4条に基づき、公的研究費の適正な執行、管理を行うため、不正防止計画を策定しています。

3.不正行為の防止等に関する規程

「宮崎県立看護大学における公的研究費の不正使用防止対策に関する基本方針」第4条に基づき、公的研究費の適正な執行、管理を行うため、不正防止計画を策定しています。

4.研究活動上の行動規範

宮崎県立看護大学の学術研究に対する信頼と公正さを確保するとともに、学術研究のさらなる進展を図るため、研究活動上の行動規範を定めています。

【参考】文部科学省のガイドライン