感染認定看護師教育課程

感染管理認定看護師教育課程の概要

教育理念

生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性と多職種と協働できる協調性、深く高度な専門的知識・技術を身につけ、感染管理の分野で、看護の質の向上と、人々の健康と保健・医療・福祉の向上に寄与できる看護職者の育成を目指す。

教育目的

  1. 医療を提供する場で働くあらゆる人々及び患者とその家族に対し、専門的知識と高度な技術に基づいて医療関連感染の予防と管理を実践できる能力を育成する。
  2. 医療を提供する場で働くあらゆる人々及び患者とその家族に対し、医療関連感染の予防と管理について指導できる能力を育成する。
  3. 医療関連感染の予防と管理について、医療を提供する場で働くあらゆる人々及び患者とその家族からの相談に対応し、問題解決に向けた支援ができる能力を育成する。

感染管理認定看護師に期待される能力

施設の中心となって多職種と協働しながら、医療関連感染の予防と管理を推進するために以下の能力を身につけることができる。

  1. 施設の状況を評価し、医療関連感染予防・管理システムを組織的かつ戦略的に構築するための計画を立案できる。
  2. 医療関連感染予防・管理システムの運用、評価、改善を実践できる。
  3. 施設の状況にあわせた医療関連感染サーベイランスを実践できる。
  4. 医療関連感染の予防と管理に関する科学的根拠を評価し、医療を提供する場で実施されているケアの改善に活用できる。
  5. 医療を提供する場で働くあらゆる人々及び患者とその家族に対し、医療関連感染の予防と管理について指導できる。
  6. 医療関連感染の予防と管理について、医療を提供する場で働くあらゆる人々及び患者とその家族からの相談に対応し、問題解決に向けた支援ができる。
  7. 医療を提供する場で働くあらゆる人々からの相談に対応し、職業感染防止対策を推進できる。
  8. 医療関連感染の予防と管理の視点からファシリティ・マネジメント(施設管理)を推進できる。
  9. 関連組織と協働して、パンデミックや災害等の緊急事態を想定した準備と対応ができる。
  10. 医療を提供する場で働くあらゆる人々及び患者とその家族に対し、倫理的配慮を行いながら医療関連感染の予防と管理が実践できる。
  11. 上記1~10を通して感染管理分野の役割モデルを示す。

カリキュラムの概要 教科目および授業時間数(630時間)

教科目 時間

共通科目

医療安全学:医療倫理 15
医療安全学:医療安全管理 15
医療安全学:看護管理 15
チーム医療論(特定行為実践) 15
相談(特定行為実践) 15
臨床薬理学:薬理作用 15
指導 15
医療情報論 15
専門基礎科目 感染管理学 15
疫学と統計学 30
微生物学 15
感染症学概論 15
感染症学各論 30
医療管理学 15
専門科目 医療関連感染サーベイランス概論 15
医療関連感染サーベイランス各論 30
感染防止技術 30
職業感染管理 15
感染管理指導と相談 15
洗浄・消毒・滅菌とファシリティ・マネジメント 15
学内演習 学内演習 90
臨地実習 臨地実習 180
総時間数 630

研修生募集の概要

募集分野・教育期間・募集追加定員(2021年度に限り)

募集分野:感染管理
教育期間:2021年7月1日(木曜日)~2022年2月25日(金曜日)
募集定員:10名程度

出願資格

出願する者は、次の各項に定める要件をすべて満たしていること。

  1. 日本国の看護師免許を有すること。
  2. 上記の免許を取得後、通算5年以上注1)の実務研修注2)をしていること。フルタイム勤務でない場合には1,800時間以上の勤務時間をもって1年相当とみなすことができる。
  3. 上記の実務研修の内、通算3年以上注3)は感染管理に関わる実務研修注4)の基準を満たしていること。
  4. 研修期間中は研修に専念できること。
  • 宮崎県立看護大学看護研究・研修センター(以下、センターとする)では、看護師免許取得後の看護実務研修を開始した年月を1か月目とし、2021年6月末の時点で、実務研修が60か月目以上であることをもって受験要件とします。
  • 注2)実務研修とは、指導・研修体制のもとにおける看護実務経験を意味します。
  • 注3)当センターでは、2021年6月末の時点で、感染管理分野の実務研修が36か月目以上であることをもって受験要件とします。
  • 注4)・感染管理に関わる下記のような活動実績を有すること。
    最新知見や自施設のサーベイランスデータ等に基づいて、自身が中心となって実施したケアの改善実績を1事例以上有すること。医療施設において、医療関連感染サーベイランス(血流感染、尿路感染、肺炎、手術部位感染)について、計画から実施・評価まで担当した実績を1事例以上有することが望ましい。
    ・現在、医療施設等において、専従または兼務として感染管理に関わる活動に携わっていることが望ましい。

出願手続

    1. 募集要項および出願書類の請求について
      以下の2通りで請求できます。

      (1) ホームページからのダウンロード
      ※以下よりダウンロードしてください。

      2021年度感染管理認定看護師教育課程募集要項を掲載しました。

      2020年度感染管理認定看護師教育課程募集要項

       

      (2)郵送による請求
      返信用封筒(A4サイズ、250円切手貼付、住所、氏名明記)を同封の上、下記住所へ請求してください。

〒880-0929
宮崎県宮崎市まなび野3丁目5番地1
宮崎県立看護大学 看護研究・研修センター 入試担当
「募集要項請求」と朱書きして下さい。
    1. 出願期間
      2020年11月30日(月曜日)~2020年12月11日(金曜日)午後5時(必着)
      注)出願期間後に到着した場合、受理できませんのでご注意ください。
    2. 出願方法
      出願者は、所定の出願書類一式に記入の上、出願期間中に簡易書留速達扱いで下記まで郵送または持参してください。持参する場合は、出願期間中の午前9時から午後5時までとします。
送付先
〒880-0929 宮崎県宮崎市まなび野3丁目5番地1
宮崎県立看護大学 看護研究・研修センター 入試担当

選抜方法等

試験科目

  1. 筆記試験
    (1)専門科目Ⅰ:感染管理認定看護師における教育課程の学習を行うために必要な基本的知識や学力を問う客観式の問題を出題する。
    (2)専門科目Ⅱ:感染管理に関する問題事例を看護の視点でアセスメントし、具体的に感染防止対策を立案、実施、評価できる力やそれらの記述内容の表現力を問う問題を出題する。
  2. 面接試験 :個別面接試験

試験日時

試験日:2021年4月10日(土曜日)  ※予備日 2021年4月24日(土曜日)
※新型コロナウィルス感染症の感染拡大等の理由により、試合日を延期する場合があります。その際には、受験者に試験日延期の通知を行います。
試験時間

試験科目 試験時間
専門科目Ⅰ 9:30 ~ 10:30
専門科目Ⅱ 11:00 ~ 12:00
面接試験 13:00 ~ 16:00(予定)

注)面接の終了時刻は、面接試験の順番によって異なります。

試験会場

宮崎県宮崎市まなび野3丁目5番地1
宮崎県立看護大学 看護研究・研修センター
TEL:0985-59-7833

教育課程Q&A

開講期間を教えてください

毎年7月~翌2月の8か月間です。2021年度は2021年7月1日(木曜日)~2022年2月25日(金曜日)の期間です。

受験するにあたりどのようなことを勉強すればよいですか?

募集要項の試験科目をご覧ください。試験では感染管理の特定領域において、より高度な学習の準備が整っているかを判断します。

授業時間は何時から何時までですか?

授業は原則月曜日から金曜日の平日に開講されます。始業時刻は9時、終業時刻17時50分です。

実習はどこで行われますか?時期はいつですか?

実習施設として宮崎県内、鹿児島県、大分県の実習施設を選定しています。2021年度の実習期間は、2021年11月上旬~12月中旬を予定しています。各研修生の実習施設の選定は入学後の調整になります。

コンピューターの基本的技術はどの程度必要ですか?

授業及び実習で使用するため、研修生各自のノート型パソコンが必須です。従って、基本的なパソコン操作やキーボード入力を修得している必要があります。他には情報検索のためのインターネット、各種連絡のための電子メールも使います。主に使用するソフトはワード、エクセル、パワーポイントです。

奨学金等はありますか?

本学独自の奨学金はありません。認定看護師教育課程に入学の方は、日本看護協会認定看護師教育課程奨学金等に応募することができます。奨学金制度の応募方法は、日本看護協会ホームページを参考にしてください。

宮崎県内の医療機関等に対し、看護体験、キャリアアップ教育研修体制の整備及びキャリアアップ研修派遣に関する補助金を交付することにより、安定的な看護人材を図ることを目的とした事業です。
補助金を申請するためには、諸要件がありますので、詳しくは宮崎県医療薬務課看護担当まで問い合わせてください。

福祉保健部医療薬務課看護担当
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号
電話:0985-26-7450

職業実践力育成プログラム(BP)

感染管理認定看護師教育課程が、文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)」に認定されました(2018年12月)

職業実践力育成プログラム(BP)

詳細は文部科学省のホームページ をご確認ください。 社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的とした大学等における履修プログラムであり、対象職業に必要な実務に関する知識や技術及び技能を修得できる教育課程となっています。認定されたプログラムを公開することによって、社会人の学びの選択肢の可視化を図ります。

※BPとは
Brush up Program for professional の略書です。

プログラム概要

開講期間は7月から2月までの8か月間です。対象者は、日本国の看護師免許を有し、通算5年以上の実務研修を有する者、さらに実務研修の内、通算3 年以上は感染管理に関わる実務研修をしていることとしています。

授業時間総数630時間であり、日本看護協会の基準カリキュラムに準じて実施されます。共通科目(8科目:120時間)、専門基礎科目(4科目:120時間)、専門科目(5科目:120時間)、演習(90時間)、実習180時間で構成されます。共通科目では、認定看護師として必要な基本的知識や技術を修得します。さらに専門基礎科目や専門科目において、根拠に基づく効果的な医療関連感染予防と対策の実践に必要となる知識や技術を、講義や実技演習等によって修得していきます。臨地実習では、組織的な感染管理を展開している医療施設で約6週間の実習を行います。これらの臨地実習を通して、所属施設での医療関連感染予防と対策の効果的な実践に向けて医療関連感染予防・管理プログラムを作成していきます。さらに、感染管理分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践能力を身につけます。

以上の630時間の学修の総括として修了試験を行い、合格した者に修了証(履修証明書)を発行します。修了した受講者は、公益社団法人日本看護協会の認定看護師認定審査を受験することができ、合格後に感染管理認定看護師の資格を得ることができます。

※認定看護師とは
 特定の分野における熟練した看護技術及び知識を用いて、あらゆる場で看護を必要とする対象に、水準の高い看護実践のできる認定看護師を社会に送りだすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的としています。

*この概要は、文部科学省「職業実践力育成プログラム」に認定されたプログラムを情報提供のために作成しています。

*認定されたプログラムの概要(申請様式1、申請様式2)、授業科目一覧を公表することになっています。尚、申請様式2の公開にあたっては、非常勤講師の承諾を得ています。

WEBオープンキャンパス

センター長あいさつ

教育課程の概要説明

教育課程について

邊木園主任教員よりご説明いたします。

8か月間のあゆみ

出願方法、出願書類の記入方法について

出願書類記入について

武田専任教員よりご説明いたします。

個別相談の方法

電話やオンラインで入試、教育課程での学び、奨学金や学生生活などの個別相談ができます。
希望される方は、下記の要領でお申し込みください。

申込期間

2020年10月12日(月曜日)~16日(金曜日)

相談期間

2020年10月19日(月曜日)~30日(金曜日)午前9時から午後5時30分

※金曜日午後・土日は除きます。
(時間帯は申込者の希望制。1名あたり30分以内)

内容

担当教員が相談者からの質問にお答えします。

申込方法

以下の1~7の内容を記載の上、(nintei-ic)までメールにてお申し込みください。  ※その際の件名は「受講相談」としてください。

  1. 参加者氏名
  2. 電話番号
  3. メールアドレス
  4. 所属施設名
  5. 希望日時(第3希望まで)
  6. 質問内容の概要(例 入試科目について、等)
  7. オンラインの場合:使用機器(スマートフォン、パソコン、タブレット端末、等)

受講相談日時は、メールもしくは電話にて調整させていただきます。